無料ショッピングカート比較

投稿日:2016/01/07(木)

無料で利用できるショッピングカート

ネットショップ運営者として実際に利用する立場から、無料ショッピングカートの比較をしてみました。主だったサービスをいくつかピックアップしてみました。
BASEベイス
BASE(ベイス)は、「ネットショップ作成が、今までで1番簡単に」というコピーで比較的最近オープンしたショッピングカートです(リリースは2012年11月20日)。初期費用も月額費用も無料で利用できます。
上記のFC2カート同様、クレジットカード決済に関しましては決済代行手数料(3.6%+40円)がかかります。

BASE(ベイス)は、リリース後3週間で開業ショップ数は7000店舗を超えたとのことで、かなりの人気があるようです。
興味深いことに、BASEのサービス立ち上げにはカラーミーショップの運営会社ペパボ創業者の家入氏がかかわっているとのことですので、 信頼性は高いと思われます。
base
イージーマイショップ
イージーマイショップ(easy myShop)は、Facebook対応のネットショップ作成サービスです。 簡単作成ができる無料版もあります。

イージーマイショップの無料プランは、商品数が無制限、データ容量100MBとなっています。

クレカ決済の手数料(イージーペイメント)は、無料プランの場合、5.0%+40円です。
easymyshop
FC2無料ショッピングカート
ブログサービスで有名なFC2の提供する無料ショッピングカート。 高機能な上にカスタマイズも自由で、管理人も使用しています。

ただ、HTML/CSSが使えない場合は、カラーミーショップ (月額1000円未満の格安レンタルカート)を利用したほうがいいと思います。

管理人は、カラーミーショップも使っていますが、コストパフォーマンスが非常に良いレンタルカートので、かれこれ3年以上利用しています。
※クレジットカード決済に関しましては決済代行手数料が発生します。
fc2
STORES.jp
ネット知識がない方でも簡単に、無料でネットショップを作ることが出来ます。

開店までの最短時間は2分、2012年9月のサービス開始から、ストア開設数も10万店舗以上となっています。

日本最大級のファッションサイトZOZOTOWNのスタートトゥデイの子会社とのことです。 DeNAのZEROSTOREと名前もサービス内容も似ているので混同しがちですが、ZEROSTOREは2014年にサービス終了となっています。
stores
MakeShop
大手IT企業のGMOグループが提供するレンタルカート「MakeShop(メイクショップ)」は、 現在のところ、日本で一番売れているショッピングカートとのことです。月額費用無料プランがあり、利用には初期費用10,500円のみかかります。

管理人は、ショッピングサイトを制作した際に、「カラーミーショップ」と 「GMOメイクショップの月額費用無料プラン」のどちらを使うか検討しました。
ショップデザインはGMOメイクショップのほうが良かったのですが、個人的にHTML/CSSが使えるので、デザインよりもカスタマイズ性を重視してカラーミーショップを使うことにしました。

MakeShop(メイクショップ)には、ショップが実際に売れ始めたら、無料プランから、一つ上の「ビジネスプラン(月額2,205円から)」に管理画面から手軽に移行できるという大きなメリットがあります。
もちろん、MakeShopの「ビジネスプラン」は、コストパフォーマンスがとても優れているので、最初から選んでも良いと思います。
makeshop

サーバにインストールするタイプ

これらは、レンタルサーバに自分でインストールするタイプのショッピングカートです。CMS(コンテンツマネジメントシステム)とも呼びます。ブログソフトウェアのワードプレス(WordPress)のショッピングカート版と言えます。

無料で利用できるシステムですが、ワードプレス同様に、PHPやCGIなどのWEB制作の技術がある方のためのもので、初心者向けではありません。

zen-cartやosCommerceなどは国内外で広く利用されているシステムですが、WEB制作業者にデザインや設置、管理を行ってもらうケースが多いと思われます。
いずれにしても、運営に自信がなければ、上記のBASEやFC2、GMOメイクショップなどのレンタルカートにするのがおすすめです。

無料カートと有料カートを比較

colorme 結論から言いますと、ネットショップをはじめる場合は、無料ショッピングカートにこだわるよりも、やはりカラーミーショップ などの月額1000円前後の格安レンタルカートを利用するのがベターではないかと思います。もう少し予算に余裕があれば、GMOメイクショップのビジネスプランやプレミアムプランなどもおすすめです。

C to C(一般消費者間で行われる商取引)など、それほど儲けを考えずに小さなショップを開店する場合は、無料カートでも良いとおもいます。

ショップサーブもおすすめ

規模の大きいネットショップの場合は、管理のしやすさなどの点から、Eストアーの「ショップサーブ」など月額5,000円以上の高機能レンタルカートを使ったほうがいいと思います。

日本で一番良く使われているレンタルカート

ちなみに、現在のところ、日本で一番良く使われているレンタルカートを順に並べると「カラーミーショップ」「ショップサーブ」「MakeShop(メイクショップ)」となっています。一番売れているのがMakeShop(メイクショップ)とのことです。

WEB制作に自信がある場合

WEB制作に自信があれば、zen-cart、osCommerce、EC-CUBE等のCGI設置タイプの無料ショッピングカートを利用するという選択があります。

追記

ヤフーストア 2013年10月7日から、Yahooショッピングのストア出店料金(月額、初期費用)および売上ロイヤリティが無料化しました。また、ヤフーオークションのショップ出品も無料になるとのことです。
現在は、法人及び個人事業主が出店可能となっていますが、いずれ個人出店にも対応するようになるようです。
また、出店にかかる費用は完全無料というわけではなく、クレジットカード決済は導入が必須になっており、決済金額の3.24%のクレカ決済手数料が発生します。30万店以上の出店数があるとのことで、集客のためには差別化を考える必要がありそうです。

更新情報

  • 2014/10/16
  • 2014/8/16
  • 2011/1/3

コメント一覧

コメントはこちらに表示されます。

Yahooショッピングの出店にかかる費用は、導入必須となっているクレジットカード決済手数料が3.24%、モバイル決済手数料が3.6~4.7%、コンビニ決済手数料が1件150円となっています。

2013.11.01 07:27 URL | 追記 #- [ 編集 ]

2014年4月1日からの消費税増税に伴い、ショッピングカートの月額レンタル価格なども変更となっています。詳細は各サイトにてご確認ください。

2014.04.26 21:22 URL | 追記 #- [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017.02.20 17:27  | # [ 編集 ]

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

Page Top ↑
このページは無料ショッピングカート比較についての記事です。
Copyright (C) 2012 unet(名古屋市天白区在住111) All Rights Reserved.