お客の共感が得られる文章の書き方

投稿日:2017/10/26(木)

共感が重要ポイント

こちらの投稿で商品を売るための文章について書きましたが、今回もその続きです。今回は、お客さんの共感を得るための文章テクニックです。まあ、このブログは、気晴らしに好き勝手に書いているので、テクニックも何もないのですが、備忘録がてらに。

読み手の無意識の不満を表現してあげる

お客さんは、何かしら無意識的に不満を感じており、それを解決する手段として商品を探したり購入を考えたりしていると考えられます。そこで、何かしら無意識的に不満を感じていることを文章で表現してあげることで、読み手の共感を誘います。

自分の熱意や信念を書く

自分の熱意や信念をシンプルに表現し、分かりやすい人だと思われることで、お客さんの不安を解きほぐす一助になると考えられます。多少とげがあっても、率直な意見を述べているほうが、かえって信頼されやすいといえます。

苦労話

苦労話は共感を得られやすいテーマです。このほかにも、「自分のキャラクターを演出する」「二人称を用いることで、一対一で会話しているようにお客さんとの距離を縮める」「ターゲティングを行なう」などのテクニックがあります。

オリジナリティ

ちなみに、これらの項目に基づいて文章を書いて見ると、なんだか情報商材のセールスレターみたいになります。情報商材は高価なダウンロード商品ですが、文章をしっかり書くことで、採算が取れるくらいにはコンバージョンに結び付けているようです。セールスレターらしさを回避するには、オリジナリティのある内容にすれば良いと思います。

まとめ

というわけで、お客の共感が得られる文章の書き方についてコツをピックアップしてみました。難しいようですが、ライターというのは、そういう文章を書くのが仕事ともいえます。

更新情報

  • 2016/1/7
  • 2009/10/8

コメント一覧

コメントはこちらに表示されます。

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

RSS

Google Readerへ追加

Page Top ↑
このページはお客の共感が得られる文章の書き方についての記事です。
Copyright (C) unet(名古屋市天白区在住111) All Rights Reserved.