ネットショップ用のライティング

投稿日:2018/02/20(火)

ライティングの技術

ライティングは、WEBデザインやプログラムと違って、技術がなくても出来ると思われがちです。ですが、やはりこれもテクニックが必要になるようです。個人的に、デザインとライティングのスキルをもっともっと磨きたいと考えています。

フリーランスは幅広く

SOHOやフリーランスは身に着けることが多いので、一芸主義ではやってられません。フルスタックに近いほうが良いといえます。

成約率を上げるには

ちなみにネットショップ用のライティングのスキルとして必要なのは、次のようなものです。
  • 成約率(コンバージョンレート)をアップさせる
  • 量をこなす

目線を合わせる

前者は、いかにお客様の気持ちを把握できるかが勝負でしょうか。あるいは、いかに目線を合わせられるか。文章は下手でも、お客さんと目線を合わせられれば、成約率はアップすると思います。
などと、最近は、ネットショップに関する細かいことを色々と分析しています。

オバマのスピーチの秘訣

そういえば、WEB担を読んでたら、オバマ大統領のスピーチの分析がありました。なるほど、と思ったので、忘れないようにここにメモっておきます。

読者に話の内容を想像させる

すなわち、次に来る話の流れを聴衆に予測させ、実際にその言葉が語られたとき、期待が報われたという気持ちにさせる。見出し(ヘッドライン)の役割は、読者に話の内容を想像させるようにすること。しかしかといって、上から目線はよくない、などなど。

更新情報

  • 2014/9/16
  • 2009/2/17

コメント一覧

コメントはこちらに表示されます。

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

RSS

Google Readerへ追加

Page Top ↑
このページはネットショップ用のライティングについての記事です。
Copyright (C) unet(名古屋市天白区在住111) All Rights Reserved.