クラウドソーシングの活用方法

投稿日:2017/09/28(木)

ネットショップ運営者のためのクラウド活用術

ネットショップ運営者にとって、クラウドソーシングは、とても役に立つるwebサービスです。というわけで、クラウドソーシングの活用方法について、具体的なものをいくつか紹介してみたいと思います。

様々な単純作業が発生

ネットショップ運営においては、様々な単純作業が発生します。単純作業といっても、すぐにできるものもあれば、非常に手間のかかる作業もあります。そこで、この手間のかかる単純作業をクラウドソーシングに外注すると言うやり方が一般的です。

単純作業の例

クラウドソーシングに外注できる単純作業の例としては、バナー画像などの簡単な画像製作や、商品の紹介文章、それからホームページのコンテンツを充実させるための記事などがあります。

ある程度の品質が必要

これらの単純作業は、手を抜くとユーザーに悪い印象を与えます。このため、ある程度の品質が必要になります。そうなってくると、ネットショップ運営者には、手に負えない作業になります。

格安価格で作成してもらえる

しかしクラウドソーシングに外注すれば、一定レベルの品質のものを格安価格で作成してもらうことが可能になります。もちろん商品画像や記事の制作は、web制作会社に外注することもできますが、クラウドソーシングと比較するとやはり割高になりがちです。

データ入力

他にも、ネットショップ系の単純作業の例として、たくさんの商品を扱う場合は、商品情報をCMSのデータベースなどに登録して行くと言う作業が大きな手間となります。こうしたデータ入力系の軽作業もクラウドソーシングが得意とする作業です。

他の作業に注力できる

手間のかかる単純作業はどんどんクラウドソーシングに外注に出すことで、ネットショップ運営者は仕入れや顧客対応に注力することができる様になります。

専門知識の必要な作業も

もちろんクラウドソーシングはネットショップ運集客やCMSなどに関する専門的な作業も外注可能です。

ランサーズやクラウドワークス

クラウドソーシングのサービスは最大手のランサーズやクラウドワークスあたりに外注するのが一般的です。いかにうまくクラウドソーシングを使いこなすかと言うことも差別化につながる、といえます。

まとめ

というわけでネットショップ運営におけるクラウドソーシングの利用具体例についてまとめてみました。

コメント一覧

コメントはこちらに表示されます。

コメントの投稿  お気軽にどうぞ!













管理者にだけ表示

RSS

Google Readerへ追加

Page Top ↑
このページはクラウドソーシングの活用方法についての記事です。
Copyright (C) unet(名古屋市天白区在住111) All Rights Reserved.