「日曜ネットショップの開業&SEO対策」へようこそ!

ブログのトップページです

開店日記など

日曜ネットショップ
日曜ネットショップを楽しんでいるショップオーナーのブログです。 最近はBASEやStoresなどの無料ショッピングカートを使ってC to C(消費者同士の商取引)のネットショップを手軽に楽しむケースも増えているようです。管理人の場合も、副業感覚の小規模ネットショップですが、ちょっとした稼ぎになっています。
ネットショップ運営について何か質問とかございましたら遠慮なくどうぞ!

プロフィール

財布

最近は、自分のネットショップで伝統素材を使った財布を取り扱うことになりそうということで、財布に興味を持っています。 色々ネットを探してみた結果、おすすめはこちらの薄い財布「abrasus(アブラサス)」です。ズボンのポケットを占領している分厚い財布が気になっている方は、要チェック!
netshop

ムームードメインとハッスルサーバの組み合わせ

投稿日:2017/10/26(木)

ドメインサービスとレンサバのベストな組み合わせ

何年間かwebサイトやネットショップの運営をやってきた感想としては、独自ドメインとレンタルサーバを利用してホームページを制作する場合、ムームードメインとハッスルサーバの組み合わせがおすすめの一つです。

動的コンテンツなどがある場合や動画サイトなどの場合

もちろんこれは、CGI/PHPなどを多用した動的コンテンツやファイルサイズの大きな動画サイト以外の一般的なホームページの場合です。負荷のかかるサイトの場合は、それなりのスペックのレンサバが必要になるのは言うまでもありません。

≫続きを読む

お客の共感が得られる文章の書き方

投稿日:2017/10/26(木)

共感が重要ポイント

こちらの投稿で商品を売るための文章について書きましたが、今回もその続きです。今回は、お客さんの共感を得るための文章テクニックです。まあ、このブログは、気晴らしに好き勝手に書いているので、テクニックも何もないのですが、備忘録がてらに。

読み手の無意識の不満を表現してあげる

お客さんは、何かしら無意識的に不満を感じており、それを解決する手段として商品を探したり購入を考えたりしていると考えられます。そこで、何かしら無意識的に不満を感じていることを文章で表現してあげることで、読み手の共感を誘います。

≫続きを読む

無料ショッピングカート比較

投稿日:2017/09/28(木)

無料で利用できるショッピングカート

ネットショップ運営者として実際に利用する立場から、無料ショッピングカートの比較をしてみました。主だったサービスをいくつかピックアップしてみました。
無料カート
BASEベイス
BASE(ベイス)は、「ネットショップ作成が、今までで1番簡単に」というコピーで比較的最近オープンしたショッピングカートです(リリースは2012年11月20日)。初期費用も月額費用も無料で利用できます。
上記のFC2カート同様、クレジットカード決済に関しましては決済代行手数料(3.6%+40円)がかかります。

BASE(ベイス)は、リリース後3週間で開業ショップ数は7000店舗を超えたとのことで、かなりの人気があるようです。
興味深いことに、BASEのサービス立ち上げにはカラーミーショップの運営会社ペパボ創業者の家入氏がかかわっているとのことですので、 信頼性は高いと思われます。
base
イージーマイショップ
イージーマイショップ(easy myShop)は、Facebook対応のネットショップ作成サービスです。 簡単作成ができる無料版もあります。

イージーマイショップの無料プランは、商品数が無制限、データ容量100MBとなっています。

クレカ決済の手数料(イージーペイメント)は、無料プランの場合、5.0%+40円です。
easymyshop
FC2無料ショッピングカート
ブログサービスで有名なFC2の提供する無料ショッピングカート。 高機能な上にカスタマイズも自由で、管理人も使用しています。

ただ、HTML/CSSが使えない場合は、カラーミーショップ (月額1000円未満の格安レンタルカート)を利用したほうがいいと思います。

管理人は、カラーミーショップも使っていますが、コストパフォーマンスが非常に良いレンタルカートので、かれこれ3年以上利用しています。
※クレジットカード決済に関しましては決済代行手数料が発生します。
fc2
STORES.jp
ネット知識がない方でも簡単に、無料でネットショップを作ることが出来ます。

開店までの最短時間は2分、2012年9月のサービス開始から、ストア開設数も10万店舗以上となっています。

日本最大級のファッションサイトZOZOTOWNのスタートトゥデイの子会社とのことです。 DeNAのZEROSTOREと名前もサービス内容も似ているので混同しがちですが、ZEROSTOREは2014年にサービス終了となっています。
stores
MakeShop
大手IT企業のGMOグループが提供するレンタルカート「MakeShop(メイクショップ)」は、 現在のところ、日本で一番売れているショッピングカートとのことです。月額費用無料プランがあり、利用には初期費用10,500円のみかかります。

管理人は、ショッピングサイトを制作した際に、「カラーミーショップ」と 「GMOメイクショップの月額費用無料プラン」のどちらを使うか検討しました。
ショップデザインはGMOメイクショップのほうが良かったのですが、個人的にHTML/CSSが使えるので、デザインよりもカスタマイズ性を重視してカラーミーショップを使うことにしました。

MakeShop(メイクショップ)には、ショップが実際に売れ始めたら、無料プランから、一つ上の「ビジネスプラン(月額2,205円から)」に管理画面から手軽に移行できるという大きなメリットがあります。
もちろん、MakeShopの「ビジネスプラン」は、コストパフォーマンスがとても優れているので、最初から選んでも良いと思います。
makeshop

サーバにインストールするタイプ

これらは、レンタルサーバに自分でインストールするタイプのショッピングカートです。CMS(コンテンツマネジメントシステム)とも呼びます。ブログソフトウェアのワードプレス(WordPress)のショッピングカート版と言えます。

無料で利用できるシステムですが、ワードプレス同様に、PHPやCGIなどのWEB制作の技術がある方のためのもので、初心者向けではありません。

zen-cartやosCommerceなどは国内外で広く利用されているシステムですが、WEB制作業者にデザインや設置、管理を行ってもらうケースが多いと思われます。
いずれにしても、運営に自信がなければ、上記のBASEやFC2、GMOメイクショップなどのレンタルカートにするのがおすすめです。

≫続きを読む

クラウドソーシングの活用方法

投稿日:2017/09/28(木)

ネットショップ運営者のためのクラウド活用術

ネットショップ運営者にとって、クラウドソーシングは、とても役に立つるwebサービスです。というわけで、クラウドソーシングの活用方法について、具体的なものをいくつか紹介してみたいと思います。

様々な単純作業が発生

ネットショップ運営においては、様々な単純作業が発生します。単純作業といっても、すぐにできるものもあれば、非常に手間のかかる作業もあります。そこで、この手間のかかる単純作業をクラウドソーシングに外注すると言うやり方が一般的です。

≫続きを読む

ランディングページとは

投稿日:2017/08/30(水)

ランディングページとは

ランディングページ(Landing Page)という言葉があります。WEBマーケティングの用語で、着地ページという意味です。

成約用ページ

ランディングページとは、1ページだけで、商品紹介から購入まで結び付けてしまおう、というタイプのWebページです。あるいは、成約(コンバージョン)につながる「カートに追加」ボタンや申し込みフォームなどが設置してあるページ、という意味もあります。

≫続きを読む

RSS

Google Readerへ追加

Page Top ↑
このページは日曜ネットショップの開業&SEO対策についての記事です。
Copyright (C) 2012 unet(名古屋市天白区在住111) All Rights Reserved.